このたび開催した『第三回 神楽坂 俳句・川柳 大賞』の入賞作品を決定しましたので、以下にお知らせいたします。

大賞坂を行く小紋美し春の雪 (涼風)
準大賞「神楽坂」 「浮子」と応えて 歳がバレ (はるひこ)
相馬屋賞雨足の坂のぼりゆく初しぐれ (清水良郎)
福屋賞しっとりと 粋息づかせる 街の意気 (たんぽぽ)
楽山賞黒塀の隙間に見えて三味の音 (いしざわ こーど)
五十番賞浴衣着た 君の歩幅で 歩く坂 (さごじょう)

<主催者のコメント>
今回は地元の小学校でもクラスで取り組んでいただき、これまでで最多となる1,125作品の応募がありました。
俳句・川柳のジャンルによらず傑作も多く、各賞の選出も発表当日まで熟考に熟考をかさねました。
応募いただいた皆様には、厚く御礼申し上げます。